====New Topic====
  かわいい自分に似合う色がわかるパーソナルカラー診断はこちら
  かわいい自分に似合うデザイン・柄・素材がわかるパーソナルスタイル診断はこちら
  かわいい効率的に買い物ができるショッピング同行はこちら
   

2012年12月24日

香りの博物館へ☆

静岡県の『磐田市香りの博物館』へ行ってきました。

121222_v (1).jpg

磐田町駅の改札を出ると、素敵なステンドグラスがお出迎え。

121222_v (2).jpg
121222_v (3).jpg

ペパーミントグリーンをした博物館のエントランス。
エジプトを思わせるレリーフなども壁面にあります。

121222_v (4).jpg

2階にある展示のまず始めは、香りを体験するブース。
マスクメロン、伽羅、古代エジプトの香り、藤の花、アイスクリームの
5種類の香りを1分間のビデオ紹介とともに体験できます。

マスクメロンの名前の由来をみなさんはご存知ですか?
あのジャコウ鹿のよい香り“ムスク”に由来するそうですよ〜。
そしてメロンに含まれるカリウムは、体内の塩分と結びついてくれるので
塩分の取り過ぎを防いでくれるのだとかぴかぴか(新しい)

121222_v (5).jpg

香りのタイプ別体験コーナーも。
オゾンマリン、グリーン、シトラス、シプレー、フルーティ、フローラル、オリエンタル。
このコーナーの案内表示「ぜひ香りをお楽しみ下さい。」× 非常ベルの位置関係が
おもしろくて ふざけてみましたわーい(嬉しい顔)グッド(上向き矢印)

121222_v (6).jpg
121222_v (7).jpg
121222_v (8).jpg

香りの展示室では、大分香りの博物館のコレクションである
ピエール・ディナンを中心とした美しき香水瓶の数々が♪
(展示は、2013年2月3日SUN.まで。)

イヴ・サンローラン、ジバンシィ、ゲラン、ディオールなどの香水瓶を
数多く手がけ「ボトルの魔術師」という異名をとったディナン氏の作品、
ふつうの香水瓶がミニチュアに見えてしまうほどビッグサイズのものや
日本の漆椀を思わせるユニークなものまで楽しめます。

「香水瓶とは香りの住む家である」by ピエール・ディナン

香りの個性の数だけ存在しうる香水瓶。

121222_v (9).jpg

容器に入ったビー玉をガラス棒でくるくる回して名香も体験。
ふだんムエットに付けて試すことが多いので勝手が違います。。

他にも、文化史コーナーでは香りの歴史をビデオでたどることができ
香りについてまったく初めての方でも十分楽しめる施設です。
この日も老若男女、途切れることなくやって来ていて人気でした!

ここまでが2階の展示(大人300円)ですが
当日であれば再入館も可能とのことなのでお昼を挟んでのんびり楽しめます。

121222_v (10).jpg

1階の香りの体験コーナーでは、PC診断(無料)の結果にもとづいて
オリジナル香水を作ることもできます(有料)。
私は、サンプルを試したら苦手そうだったので断念しました。

また、ミュージアムショップでは
大分香りの博物館のオリジナル「カボスオードトワレ」や
お屠蘇用の生薬の包み「屠蘇散」、各種香りに関する書籍や雑貨が売られています。

期待以上に内容の濃い時間を過ごすことができました♪
香りにご興味のある方は、一度訪れてみることをおすすめしますぴかぴか(新しい)


さてさて、ローストチキンが焼けたいい香りが漂ってきました〜☆
今宵はスパークリングワインとローストチキンでクリスマスディナーですわーい(嬉しい顔)バー

みなさんの毎日が ColorfulHappy になりますように。

↓ 人気ブログランキングに参加しています。
  るんるん応援ありがとうございます。るんるん
banner2.gifにほんブログ村 デザインブログ 色彩・カラーへ


P.S.
博物館の目の前には「香りの公園」があり、
夏であればいろいろなハーブの香りも楽しめそうです。

121222_v (11).jpg


↓ カラーサロンHPはこちらから。
s-HP-banner@blog.png


posted by Tamami Yagi at 18:12 | Comment(0) | 香り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。